大人ですが銀魂が好きです。(pound_cake)

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀魂グッズの扱いに見る自分の境界線

<<   作成日時 : 2009/11/02 03:59   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

金を巻き上げられる一方の銀魂グッズなんですけど、自分でコレしたらアウト、
ここまではいいだろうっていう境界線を何となくもうけてるんですよ、

あ、何の話かっていうと、シーズン其の四のDVD買ったらポスターが
ついてきましてね、これを私は部屋に貼るのか、貼らないのか、に注目してるんです。

注目してるんです。って、自分の事なんですけどね。

数ヶ月前まではグッズどころか漫画・アニメすら自分とは関わりのない世界だと
思ってたんで、急激に増えていく銀魂商品に戸惑ってるんです。

こんなね、銀魂ブログなんてやっちゃってるんでね、この人は昔から
二次元人なんだろうと思われるのも無理はないんですが、ちょっと前まで
フツーの一般人だったんですよ、

風呂のデトックスタイムのお供は、ちょっと前まで小説やファッション誌、
たまに漫画もありましたが「火の鳥」とか。
まあコレは教養書みたいなもんですし「このシーンの鳥、萌えるわ」みたいな
事もないんでね、良しとするとして、

それが銀魂と出逢い、単行本に。そして今やジャンプですからね。

漫画・DVDはまぁ、私基準で揃えてもおk!許可が簡単に出たんで、
あっさりと買えました。よく見ると全部銀魂なんで、不自然ちゃあ不自然なんですけど
元々本類は沢山ある部屋なんで、紛れ込ますことは可能という判断で。

銀時GEMフィギュアは、許可が出るまで少々時間がかかりました。
フツーの女の部屋にジャンプ漫画のフィギュアはないですからね、でもまぁ、
例えば「タイ土産の象の置物」「鮭くわえた熊の置物」「銀時フィギア」
みたいなね、こんなラインで、置物マニア的な雰囲気で置けば、
さほど不自然じゃないよねと。
もはや何かが破綻した理屈で判断して、結局許可が出たんです。

細かいグッズを入れたらどんどん許可が下りる基準が変わっていってるんですが、
頑に許可が下りないのが先述のポスター。

いやね、10代とかね、これから色々な体験をする可能性を持った
「これからの人」が貼る分にはいいと思うんですよ。
ところがですよ、色々な体験をしてきて、ある程度人生経験があった上での、
熟考した上での「二次元ポスター」っていうのがね、コレは重い。
重い思いだよね。もうオヤジギャグに逃げたくもなるよね。

ポスターばかりは、ごまかしようがないですよ、
完全なヲタ部屋ですよ、紛れ込ませるも何もって話ですよ。
何人かのリア友(一般人)には銀魂病になった事はカミングアウトしてあり、
驚きや戸惑いの表情は貰ってるんですけど、さすがにポスターはひくよね、
うん、ひくな。後ずさりする音が聞こえてきたし。

解決策としては仕事超ガンバって、銀魂専用部屋を借りるとか?そんなバカな。
あとは開き直るっていう選択肢もあるけど、コレはもう少しあがいてからにしたい。


【今日の一句】
ちょっと待て あがいてみよう 貼る前に

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
もうww…ツッコミどころ満載過ぎて
PCの前で一人大笑いですよwww
単行本の空知かと思いましたw
愚痴っぷりも、自分への突っ込みっぷりもww
ペン手書きで書いて、UPしらたより臨場感がww
IDもってないんで、ここで「面白いの気持玉」
投げつけときますwうりやぁぁw

えーーフツーの人だったんですか!?
にしては、萌え所がポイント押さえてると思うんですけどw
急速な二次元への移行っぷりが驚異的ですねw
象・熊・銀ってwww
まーそんだけ銀魂が魅力的な作品ってことですよね。
単に子供だましじゃない高いメッセージ性みたいなーーw

私も自分の中で、まだ人間として大丈夫と勝手に思ってる基準が
漫画の数より、文庫本(ラノベじゃなくて文学や文芸書ね!)
の方が圧倒的に多いってことですw
通常の社会人である証明的なw

で・も、ポスター貼った報告待ってますw
それか銀魂部屋に招待してくださいw
なほっち
URL
2009/11/02 11:17
なほっちさんに同意www
一般人だったにしては順応性が高いwww

やっぱ現役アニメにハマるとダメですね
次から次にグッズ出しやがる
(実はずーっと幽白一筋だったんです私)
私だったら貼るとしても額に入れるかな
そしたら脱着可能の上に保存状態もいい(・∀・)
ももこ
2009/11/02 12:45
いや〜、偶然ですね。
私、今日昼休みにジャンプを買いに行った時、なんか急に勇気が
わいてきて「銀魂ポスター」とかグッズを買っちゃったんですよ。
平日の昼だったので、子供がいないし、空いてたもんですから…。
観賞用ですよ。いつもは丸めたままで、時々広げてみようかな…、
なんて思ってます。貼れないな…。買うことすらまだ抵抗が(汗)。
でも昨日はスーパーでガチャガチャやりました。カードなんです
けどね。これは土方ばっかりで、今日のは沖田ばっかりで。
私は銀時が好きなんですけどね…。
今、密林に銀魂のカレンダーが注文してあるんですよ。
これも貼る勇気なんて全然ない(笑)。

今日買ったジャンプに映画化のことや映画公式サイトのアドレス
が書いてありましたね。これはやはり本当ってことですよね。
絶対見に行きますけど、ただ、私の住んでいるのは大都市ではない
ので地元の映画館ではやらないのかも。
アニメの方はこの先どうするのか公式には一切ありませんね。
私の唯一の楽しみなので5年目もよろしくってかんじです。

そーいえば、昨日はyoutu○で「銀さん、愛の囁き」っていうのを
見つけまして聞いてました。いい声だな。←病気。

2009/11/02 21:47
実は少々酔っぱらい、妙なテンションで書き、そのままうp
してしまったのでヤバそうな内容だったら削除した方がいいかも
と思っていたんですが笑って頂けたようなので安心しました w

ですよねー。
つい最近までフツーの人だったとは思われないですよねー。
こんなブログやって銀さん銀さん言ってたら筋金入りの
二次元人だと思いますよねー。まぁでも、そんなフツーの人が
こんなになってしまう程、銀魂は魅力って事ですよ!
(無理くり過ぎるかw)

文庫本>漫画
なるほど!これは分かり易い境界線ですね。漫画「も」読む
っていう印象になりますねぇ。けどあれですよ、心の中の
坂田指数がどうなってるかは分かりませんけどね w w w !!
なほっち名人様
2009/11/02 22:59
色々な会社を渡り歩いたせいか、順応性が高くなっちゃった
んですよ・・。まさかこんな所で活かせるとは思ってなかった
ですけどね w!!!

>脱着可能の上に保存状態もいい
さすが、しょうぐん!この一文で、しょうぐんの紆余曲折、
経験者は語る的な工夫を感じたんですけど気のせいですかw

幽白、15年前位になっちゃいますけど私も一時期
ハマってました。蔵馬が好きで、同じ名前だっていうだけ
なのに「鞍馬寺」に行こうかと悩んだくらい。ん?
この頃からハマるとヤバいというヲタ資質があったのかw
ももこしょうぐん様
2009/11/02 23:07
まずご案内を!このブログはですね、2回以上コメを頂いた
方には私の独断と偏見で勝手に敬称をつけさせて頂くという
システムがありまして、桜さんは教授に決定いたしました w
上記でコメ頂いている皆さんにも、おかしな敬称ついて
ますが、全部私が勝手につけさせて頂いたんですw
(ご希望の敬称がありましたらお知らせください)

分かります〜!戸惑いながら買ってしまう感じ!自分でこれ
以上はダメだと思えば思う程、手が出てしまうんですよね。
残念ながら桜さん、カレンダーまでご注文ということは、
割とどっぷり銀魂沼にハマってしまったようですねw

あ、勿論聞いてますよ「銀さん、愛の囁き」w
もっと凄いのがニコニコにあるんですが・・・桜教授に
ドン引きされそうなので内容は自重しときます w
桜教授様
2009/11/02 23:16
wwwww
なるほど、素質あったわけですな!
着眼点が違うwwwww

私は(実用性のない)グッズにはあまり興味がないのですが、
いつか綺麗なショーケースに飾ったらかっこよくね?
という夢を抱いた途端、使うのが勿体なく思えてしまって…

だけど、惜しげもなく使ってくたびれている幽白グッズも、愛着が湧いて可愛いんですけどね(*´ω`*)
ももこ
2009/11/03 01:37
ですよねー、名前が一緒だけで寺に行くっていう
発想はヲタですよねー(アハハ)

グッズってホント、使うべきか保存すべきか
迷いますよね(あれ、二個買えってことw?)
とりあえずガチャガチャで引いたジャスタウェイの
巾着袋は使ってまーす(*´∇`*)
ももこしょうぐん様
2009/11/03 03:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀魂グッズの扱いに見る自分の境界線 大人ですが銀魂が好きです。(pound_cake)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる